God of Breakthrough – Theresa Dedmon

同時通訳:相馬伸子

エレミヤ12:5、ローマ12:2、
今日のメッセージは「溢れる豊かさ」についてです。

神様は色々な事、アートを用いて、語り、癒すことができます。
最初は、預言的に歌って、預言をしてもらいましょう。そして、次は絵によって、癒しを解き放ちます。
「絵」は、民数記21章9節のところで、モーセが青銅で蛇を作って、掲げらものを毒蛇に噛まれた人が見たら、癒される事を覚えていますか?
神様はアートを通して癒しました。一度されたことは、もう一度される神様ですね。
私の証をしましょう。シドロスのテレビ番組で、私の絵を映しながら、話しましたが、それは「脳にトラウマ」を持つ人の癒しのためだったのですが、ある女性の癒しの証を後に聞きました。
その女性は、交通事故によって、脳にトラウマがあったのですが、彼女は35軒の家に里子として出されていて、最後の里親の家にいた時に、その事故にあったそうです。彼女はアーティストで学位も得ましたが、鬱がひどいのでアートもできずでしたが、その番組で私の絵を見ていただけで、脳のトラウマが癒されただけでなくて、なぜ自分がアートをするのかもわかり、彼女の作品は他の人を癒します。

「神様にどれくらい期待するのかと言う基準をあげましょう」神様は私達に期待をあげよと言っています。
今日あなたは何を見たいですか?どんな自由を体験したいですか?私たちが期待していないならば、高い期待の的を持たなければ、それを狙って打つことはできません。

私は天の父が、あなたをどれだけ愛していて、あなたの為に奇跡をする事を体験してもらいたいのです。
そのような期待ができるように、ローマ12:2にあるように、思いを新しくしなければならないのです。

あなたは「普通である為」には創造されてはいないのです!

インドのサムさんの証があります。サムさんは、インド人ですが、牧師家庭の息子で、16歳まで、教会の外のものは、邪悪なので、それは自分のものではない、自分の出て行くところではないと
教わり、そう思ってきました。でも、ある時自分の初めてのCDを作り、ノンクリスチャンの友人に聞いてもらったところ、「なぜだかわからないけど、もっと聞きたい」と言うような感想をもらいました。
あるノンクリスチャンの友人は「なぜ、あなたの音楽がMTVに流れないのか」と聞き、結果私たちは自分たちの楽曲をMTVに送りました。それが気に入られ、数千の神々を信じているインドで
初めて、唯一の神、イエスの名前が出て、ゴスペルバンドをの出したのです。

文化の中で「聖」と「俗」を分ける事壁を打ちこわすように祈って下さい。

エレミヤ12:5はこうあります。「あなたは徒歩の人と走っても、疲れるのに、どうして騎馬の人と競争できようか」とありますが、信じています。今は「馬と一緒に」走る時です。

アートは「文化をかたち作る」事ですし、その影響力は大きいです。あなたの影響力は大きいのです。その事を覚えてください。

日本語音声:

英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4822/the-god-of-breakthrough-friday-pm/2017/04/28