Jesus Is Movement – Eric Johnson JAPANESE INTERPRETATION

同時通訳:相馬伸子

ピリピ3:12〜16、エゼキエル47:1〜12 

前回は「タイムレスムーブメント」永遠の運動、ムーヴメントの話をしました。

イエスの福音は「永遠のムーブメント」であり、一過性の流行りのものではないのです。

どうやって、文化の中に塩として、「殺菌力」と「塩気」を保ちづつけるのか。

今日は、イエスご自身が「ムーブメント」動きであることを話します。

パウロは、後ろの事を忘れ、ひたむきに前を向いて、一心に進むことを語っています。

彼は、多くの迫害、障害を持って、多くの宣教を成し遂げました。彼にとっては「迫害や障害」があることは「御心ではない」でなかったのです。

ある女性はひどい痛みのある病気にかかり、鎮痛剤を大量にとりましたが、痛みを体が感じなくなると、本人の病に戦う意思がなくなり、体も萎縮がはじま理、結果として鎮痛剤を止め、無理にでもリハビリをすることで一命を取り止めました。人間の体は、ただベットに寝ているのでは生きていけないように創造されているのです。

私達の霊的、肉体的なことも一緒です。動かないなら、死んでしまうのです。

エゼキエル47章では、「宮から遠く離れると水は、深くなり、川になり、その水に触れるものは全てが生きる」ことを見ますが、今私達教会が、信者が、このようにして「神の宮、教会の建物」から遠く離れるところで、神の御国を広げるときです。宮から離れれば、離れるほど、水は深くなり、自分では歩めず、川に運ばれるのです。

イエスキリストを信じると決めた時に、皆さんは「何もしない」ことにサインし他のではなく、「動き続ける」ことに、サインしたのです。

イエスご自身のなかに 私達は存在して、常時動き続け、引き伸ばされ、新しい領域に踏み出して進みます。

新しい境域は、わからないところ、下書きのないところ、地図もないところです。飛び込んでから、どこに行くのか体験するような感じです。

新しい領域に出ている時、宣教の情熱がある時、教会は成長します。あなたの成長、将来も、あなた自身が「過去を忘れ、前進する」事に、かかっています。

日本語動画:https://youtu.be/7Z2znbivmuk

英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4233/jesus-is-movement-sunday-pm/2016/09/18

ベテル教会の英語のPODCASTの同時通訳:相馬伸子 © Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Interpretation by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

「イエスはムーブメント」エリック・ジョンソン