「変革の戦略」ビル・ジョンソン Strategy for Transformation – Bill Johnson JAPANESE
同時通訳:相馬伸子

マタイ16:13ー19、18:18−20、28:19、ヨハネ15 

マタイ28:19は「大宣教命令」として「出ていって」という言葉を強調して語られていますが、実はこの箇所の動詞は「弟子としなさい」の部分です。私たちの生活は毎日が「出ていくこと」で構成されています。仕事や、学校や、休暇でも私たちは「出ていく」ことをしていますね。私たちの毎日の生活にある「出ていくこと」をしている時に「弟子を作る」ことをこの箇所は語っています。

教会が建物や教団を意味しておらず、教会はそれ以上のものであり、神の民の集まり、家族、エクレシアです。私の友人のエド・シルボソ師は「どこでもエクレシア」という働きをしており、エクレシアという本を書き、教えています。
エクレシアとは「統治する者たち」であり「天の国を地上にもたらす」働きをする人々、神様の臨在の現れを持っている人たちで彼らはマタイ16:19にある 神の御国の鍵を受け取り、天にあるものを地で解き放ち、天にないものは地で縛り働けなくします。
ですから、私たちは「天のこと」を知る必要があります。
病や中毒は天にありません、ですから私たちは確信をもって「縛ったり、解いたり」することができます。

私たちの教会にはよみの門がどのような攻撃をしてきても、教会が神様からの使命と役割を果たしているなら暗闇の力、主権力は打ち勝つことができません。
そして、門とは「治める場所、権威」を表しています。 
教会が天の権威を持って地上を変革する為には戦略が必要です。エクレシア、教会が2人でも3人でも信者がイエスの御名によって集まり天の視野と権威を用いる為に祈り 解き放ち縛ること、宣言することが戦略です。

しかしこれは ヨハネ15:7、8に繋がっており、私たちが主に留まっていることが必要です。
それは、主の現れた臨在を歓迎し、敬い、主の心や願いを私たち自身のものとするときに「なんでも欲しいものを求めなさい。そうすればそれは叶えられます」になるのです。
私たちの願いは主に留まり続けることを学ぶこと、成長することです。自分たちが達成しているのではありません。 
これを求めていきましょう。

English Video – 英語動画:https://www.youtube.com/watch?v=jnb37…