God Has No Rival – Eric Johnson JAPANESE

同時通訳:相馬伸子

1列王記18章

列王記や、歴代誌はイスラエルの国としての歴史を見ることができますが、王であるソロモンは、

イスラエルの黄金期を築いた王であり、最も繁栄し、平和をイスラエルの国が楽しんだ時でした。

しかし、彼の人生の終わりは、多くの異教徒の妻をめとったことで、彼も異教の神々を礼拝したので彼は分裂した人になりました。

箴言と伝道者の書は、ソロモンによってかかれましたが、箴言は神様の影響下にあり、正しい関係をソロモンが主と持って歩んだ時であり、

伝道者の書は、神と正しく歩まなかった時に書かれた本です。真逆とも言えるようなことを2つの本から見ることができます。

イスラエルの国もソロモンのように分断されました。イスラエルと、ユダ王国になりました。

ユダの国の王であったヨシャパテ王は、戦いに行く前に主をもとめ、賛美チームを軍隊の一番前に進ませました。ユダの意味は賛美ですが、彼らは「アイデンティティー」から

生きたので、自分たちの最もよくできることをしたのです。主がユダ王国のために勝利をもたらしました。

イスラエルの国のアハブ王とイザベルは非常に邪悪で、悪霊的、悪魔的な礼拝をイスラエルにもたらし、国全体が神に反することをしていました。

その中で、預言者エリヤが「対決、決闘」するのです。エリヤは、自分唯一の主の預言者として生き残ったと誤解はしていましたが、アハブ王に会い、

「コンテスト」を持ちかけます。

祭壇を二つ作り、バアルの預言者が祭壇に生贄を捧げ、そこに神の火が降れば、そちらが本当の神であるとすると言ったのです。

バアルの預言者たちが、いけにえを捧げ、血を流して礼拝している時に、「もし、何かが起こるかもしれない」ということはありえなくないことです。

モーセのいくつかの奇跡はエジプトの魔術師達も同じようなことをしてきました。

しかし、「自分だけ、たった一人」と信じていた預言者エリヤは信じられないような大胆さで挑戦をします。

そして、その後に民を壊れたイスラエルの祭壇に連れて行き、祭壇を回復して、〜とありますが、祭壇とは「礼拝」の場所であり、「聖別」する場所でもあります。

主の炎が降った時に民は「主こそ神です」と言いますが、民は間違った物を礼拝していたことがわかり、神が誰かを知りました。

私たちも、人生の危機や、チャレンジで間違ったことや、物を礼拝していないでしょうか?

私達の世界観は「神の祭壇」から来たもので形造られる必要があります。神の臨在、影響によってです。

神の臨在、祭壇から来たものでない「意見や感情」を私達は解き放つべきではないのです。特にリーダー達は、そのチャレンジが大きいですが、

私の考えでなく、神の祭壇から見るしや、世界観を私達は語るのです。

日本語動画:https://youtu.be/-v8FJFaLg4k

英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/god-has-no-rival

英語動画:http://www.bethel.tv/watch/4421/god-has-no-rival-sunday-am/2016/12/18

「神にはライバルはいない」エリック・ジョンソン