コロサイ3:23 箴言19:17
ヘブルの文化では「仕事」は神への礼拝の中心となる表現であり、教会もそうである。私達信者が「手の働き全てが主への捧げものとして主のために捧げる」事をすれば、そのささげものに主の臨在と炎が降りて来る、それは仕事場の環境を変化させる。それまでは不可能であった事が可能になり、仕事の倫理や品質は向上する。その事によって地域の経済は繁栄し、「仕事が無い」事を使って人々を「辱める霊」の下に置き、束縛する悪霊の力を砕くことを主がねがっていると強く感じます。経済の原則に関して私はこう考えますー「10/1献金」は神の創られた地上に、神が創られた。空気を吸って生かされているのでこれは「主に属するものを返す、家賃」のようなものである。「貧しいものに与えるものは主に貸す事だ」とあるが、主は貧しい者達の必要を満たす事をイスラエルの民に与えた。

お金について Money 101 – Bill Johnson