ダニエル1章、3章
既に始まっていますが、主が私達を「ネブカデネザル王」にダニエルを送り、そこでダニエルが仕えたように私達信者が、私達の土台的価値観と逆行する価値観や文化の社会の中で仕える時だと信じています。神は信者だけを愛するのではなく、全ての人を愛しているのです。
ダニエルはどこが違ったのでしょうか?「仕える心」を持っていました。そして、「自分をけがさない事に心を定め」た時に、神は好意、必要、能力を彼らに与えたので、
ダニエル達はネブカデネザル王に、私の呪法師より10倍勝っていると言われました。私達は世に出て仕える時、「自分が周囲と同じ様であり、受け入れられるために妥協し、その後に神の事をします」と言ってしまいがちですが、ダニエルは反対に最初から、自分を周りによってけがされない事に心を定め、また後に燃えさかる炉に落とされても自分は神を礼拝する、またライオンの穴に落とされてもネブカデネザルは礼拝しないと心を定めていました。神はネブカデネザルを愛し、ダニエル達を送った。私達も愛をもって、仕える心を持って、仕えます。心を定めることによって「世に同調しない、汚されない」事は恵によって可能であり、それによって神が彼に与えた好意や繁栄を覚えてください。

ネブカデネザル王に仕える Serving Nebuchatnezzar – Eric Johnson