ゼカリヤ9:12〜14、17。10:1、7 
以前にも話をしましたが、神様は「回復の主」であるので、回復をされる方です。敵が悪の為に行なう事を神は良い事に変える事ができるのですから、信者が聖書的に考える思考を持って、考えるならどのような状況でも、恐れて引き下がるのではなく反対に「これは2倍に受けるチャンスが来た」と問題や困難の中を通る事が出来るのです。私達は時間の中にいますが、神様は時間の外にいて、すでに全ての事を完了された所から私達に接してくれるのです。ですから、どんな問題、困難であっても、神様によって、既に解決や答えが準備されていない事柄は、私達の人生にやってくる事がないのです。
これは、希望です。あなたがある状況や課題をみてそこに希望がない時には、嘘によって影響されている視野によってあなたがそれを見ているのです。
祈りの答えを待つ時にも、沢山祈ったけど、答えがないと思うなら、「神様が私に何を話したいのか」を聞く事を実践してください、主の声に親しくなりましょう。また、自分の大きな、究極的な願いを神様が答えてくれる事によって、神様を試みる事を無意識に私達がしているのを知っていますか?しかし、大きな祈りの答えは「私達が答え、祝福をもらった時にそれによって破壊されないように、それに十分な器に成長する過程」も共に、小さな答えでくるのです。
ゼカリヤ10:7、エフライムの意味は「繁栄、多く実をならせる、勢い」という意味がありますが、その後の「勇士」からこれは特に兄弟達に語りたいのです。男性の中の男性が窒息しそうな主の喜び、臨在を外からの影響によって受けて、まるでワインで酔っているように喜ぶ時に、次の世代の模範となり、子供達、次の世代までが収穫され、主を喜ぶのです。
10:3ではユダを主が訪れ、彼らを戦場の軍馬のようにされるとあります。軍馬は戦場で恐れる事なく、忠実で、持ち主に益を与える事ができます。そのように、ユダ、賛美をする者達は、主が訪れる時に、関係の中から溢れでる賛美を捧げる、集中を切らさない、戦う事ができる者とされます。 

全ての状況の中の希望 Hope In All Circumstances – Bill Johnson