詩篇84篇 イザヤ54章1節
奇跡やしるしを信じるようになって、以前は無かったような葛藤や落胆する事があるでしょう。私達がイエスが私達の「模範」として生きられた事を信じて受け入れて、それを自分たちの人生でも従って行く時に信じていなかった時には経験しなかった落胆があるのです。避けて通れない事ですから、私達は「常に力を受け、励まされる」事を学ぶ事が必要になるのです。
イザヤ54章1節では不毛/不妊(あるべき物がない)の状況にある人が、その状況から神を喜び感謝する事で、臨在を受け取り、その臨在によって超自然的な生産性の中を歩く事が見えます。賛美するのは「答えが来る」からではなく、答えを自分が受け取っても、受けとれなくても関係なく「神が素晴らしい方」であるからであり、「答え」を受け取るために賛美するのではないと思います。
この箇所での賛美は、喜びの歌声を上げて叫べとあり、これは「馬鹿げている様に見える賛美」をしている事です。形だけの物ではないのです。勝利の内を歩み、祝福あふれる時には主を誉めたたえることは簡単です。しかし、苦しみの中にある時にこそ「馬鹿げた多様に見える賛美」を捧げましょう。ビジネス、家族、関係、あなたも「不毛」の場所があるなら、その場所から(まだ、変化が無い時から)主を賛美して下さい。
詩篇84篇は 「その力があなたにあり」とあるように、主の臨在を求める信者達の姿をみます。彼らは臨在の中に常に留まる事で霊だけでなく「体」までもが主を恋い慕いいたむ様に変わったのです。私達が心を開いて主を見上げる時に私達は変えられます。そして「シオンへの大路」がある、巡礼のような主に会いに行く人生をライフスタイルとする信者は「涙の谷」苦しみや落胆がある所でも「いのちの泉のわく所」みのりや成就のある所に変え、そしてそこに「後の雨の祝福」すでにある祝福に引かれて、もっと多くの祝福がくる場所になる事を経験します。信仰は、主への「信頼」であり、賛美は「信頼や信仰」の表現です。

力を受ける場所 The Place of Strength – Bill Johnson