詩篇106:しつけ/訓練を私が子供にしていた時に、「態度」の時点で私は対処を始めました、「実としての現れの行い」が出る前に、私は
子供達に対処をし、教えました。イスラエルの民は「奇跡」になれてしまい、「つぶやき」を始めますが。「つぶやき」不信仰からでる。
「奇跡」はを経験しても、それが「神のと出会い」そのそしるしが何を示しているかをみなければ退屈になってしう。しかし、私達が自動的に「しるしの指し示しているは神との出会い、」とするなら、マナのように毎日であってもあきない。神の家への情熱、それは自分の神に対する情熱だけでなく、神の家への情熱があり、それは妥協を殺すものである。妥協を殺さなければ、妥協は私達を殺します。神は私達の父であり、親密な方であっても、「神は神」なので 「畏敬の念」を持つ事は正しい事だし、知恵のある事だ。
Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

恵みと主の恐れ Grace and the Fear of God – Bill Johnson