イザヤ51:12〜13、54:14。1ヨハネ4:18〜21 
私達の人生に非常に大きく影響する視野、フィルターのようなものが2つあります。
それは、「愛」「恐れ」です。
「愛」のフィルターのある人は試練の中でも神様の良さを見つけ、良い知らせの中を歩む事ができます。しかし「恐れ」のフィルターがある人は、いつでも心配、恐れ、焦りにつながってしまうでしょう。
神は何度も「恐れてはならない」と聖書の中で命じています、これは命令です。感謝です、神が命じているなら、それは私達ができない事ではなく、神の恵みによってその中を歩む事が出来る事なのです。ギデオンの軍隊の事を考えてください。神は軍隊で恐れている者を返し、少ない人数で戦わせました。そのように神があなたを戦いの中に導くなら、すでにあなたは戦いの準備ができているのです。恵みがあるのです。 
人が敵の嘘に同意して、受け入れた時に敵は力を増大します。ですから、普通に考えて、心配しそうな状況があったり、恐れの感情がある事は罪ではないのですが、その嘘を信じる事、同意する事は罪ですから、私達は同意しない選択をするべきですし、これは選択できるのです。
イザヤ51章では「わたしがあなたをなぐさめるのに、なぜあなたは人をおそれるのか」と主は言います。主はどんな方でしょうか?主が共におられ、慰めてくださるのです。主は信頼に価する方ですし、信者は御人格を知り、主ご自身が与えてくれた約束、御言葉で自分の果たすべき責任、それは、御言葉の真理によって自分がしっかりと真理にとどまる事です。私は御言葉をカードにし、コンピューターにいれ、宣言し、黙想し、自分が受け取った約束を忘れないように働きます。また、54:14にあるように、「虐げ」とは「圧迫」であり、それは人間の思いから、肉の罪から派生し、そこに悪霊がやってきて、足がかりを作るのです。私達が「恐れない」ならば、「圧迫ー霊の領域から暗い雲がやってくる事」は近づきません。 
1ヨハネの「全き愛」は、ただ神からの愛を心に受けるのではなく、その愛をもって仕える事で「全き愛とされる」のです。見えない領域での神との体験は、見えるように表せれる必要があるのです。

愛 対 恐れ Love Versus Fear – Bill Johnson