イザヤ35章 ヨブ記22:28~30
イエスは憐れみによって動かれました。憐れみは奇跡を導く事ができます。しかし、信者の不信仰を受け入れたり、励ますような事は 憐れみではなく、それは同情することであって、イエスが問題や状況に解決をもたらした方法とは明らかに違います。そのような状態に直面する時にも「しょうがない」といって自我を励ますのではなく、愛して、祈って、御言葉を宣言する事は私達信者のする事です。神の言葉を宣言し、心騒ぐ人に「恐れるな」と語る時、「神が来て救われる」と先に語る時に、超然的な癒しが起こっている事をイザヤ35章から見る事ができます。
私達が御言葉を人々の上に解き放つ時、それは一時の慰めではなく、その人の上に神が働く事ができる「的」を置くようなものです。神の御国を解き放つ事のです。神は全人類を愛していますが、このような場所は神が働きやすい、御国が侵入しやすい雰囲気になるのです。私達の宣言、事を決める事、によって神がそれをなしてくださるのです。あなたの好意、手の聖い事で神が働いて下さるのです。

憐れみが奇跡を導く事ができる Compassion Leads to Miracles – Bill Johnson