ヨハネ6章 ヨシュア3章
「油注ぎ」という言葉の意味は「神様の今されている事」という事もでき「油注ぎ」を認識して、取り扱いを選ぶ事が必要です。それは自分の立場が集会の参加者か、リーダー側かでも違ってきます。取り扱いを失敗する恐れによって「神のムーブメント」を過去に私達は止めてしまいましたが、イエスの方法は人々を集めるより、真理をかたり人々の反応がどのようでも、そのままにしておく事でした。
また、油注ぎを見分ける事で「自分がどれだけ関わるのか」も知る事になります。聖書の中の信仰の人々は、疑問を持ったかもしれないけどヨシュア、ダビデ、多くの人達が信仰によって油注ぎに従いました。「油注ぎ」は移動します、ヨシュア記ではイスラエルの民が「主が全てなされる」から「その満たしを受けるため民が動く」事に変わりました。私達は「慣れ」が罠になる事もあり、困難ですが、従う事が必要です。この原則があなたの人生の全分野で有効な事をいのります。

油注ぎを認識する Recognizing the Anointing – Eric Johnson