今日は父の日ですから、「父達を解き放ち、天の父を現す」事を分かち合います。「父の日」と聞いた時に、多くの異なる事をそれぞれの人は考えます。
痛みや、苦しみ、喜び。または、自分は良い父ではない、失敗した父だと思う人もいるでしょう。
イエスは子として、父を現す為に来られました。私達も子として、天の父を現す事を役目として受け取っています。
敵の嘘を信じる事によって、私達が偉大な父達になる事は妨げられています。ですから、今日はその嘘を捨てる時です。一つ目の嘘は「私には父がいないから子ではない」という事です。私は父が32年前に亡くなり、その日から息子である事をやめましたが、主はその事を啓示され、私は悔い改め、「孤児」ではなく「子」となりました。
「良い父を持っていないから、良い父にはなれない」ことも嘘です、イエス様の事をみてください、かれはダビデの子と呼ばれました。ダビデは「殺人者、姦淫者」でしたが、その息子のソロモンは私は父から学んだと、言ってもいます。「自分より、達成している人の父にはなれない」事も嘘です。自分より多くを持っている人でも、励まし、愛される事が必要なのです。普通には自分ができない事を子達ができるからといって、自分は父になれないとは考えませんが、神の家族の中ではそう思ってしまうのですが、それも嘘です。「自分は独身で子供がいないから父にはなれない」事も嘘です。この世には良い父達が、どれだけ必要とされているのか、わかりますか?これもイエス様をみてください。「期待されるように時間がとれないから父にはなれない」事も嘘です。私は自分の心がその人に息子として向いて、開いている事によってその人が私の父になってくれていると思います。
天の父を現す為には、息子達、娘達が立ち上がる事です、それには性別や、役目や、感情は特に関係ないのですが、アイデンティティーによって父を現すのです。女性が女性として、リーダーシップの中で仕える時に、何を見ますか?女性はコミュニティー全体を考え、次の世代を考え、継続できるかどうか考えます。これらはリバイバルの為に必要なものばかりです。

父達を解き放ち、天の父を現す Releasing Fathers, Revealing the Father – Paul Manwaring