創世記1:28、詩篇67篇、マタイ28:18 
神は私達を問題を解決する為に、混乱や暗闇のまっただ中に置かれます。創世記1:28では「生めよ、増えよ、地を満たせ、地を従えよ」とありますから、「従える事」はそこに敵の存在や、混乱がある事を意味しています。
主は最初にエデンの園を造り、アダムとエバを通して、人類の増加によって、園が地上全体に広がって、神の御国、神を自発的に愛して礼拝する者が地を満たす事によって栄光で地を満たし、悪魔のいる所が亡くなる様にと計画されました。しかし、アダムが神に背いて、悪魔に従った時に「鍵」権威を失ったのです、ですから、後にイエスがその鍵を死とよみがえりを成し遂げるまでは人に対して神は「地を従えよ」とは命じませんでした。ノアとノアの子孫達には生めよ、増えよ地を満たせ、祝福されましたが、地を従えよと命じなかったのはそのためでした。
しかしイエスはマタイ28:18で「わたしには天においても、地においても一切の権威が与えられています」と言ってから「あなたがたは出て行って〜」と働きを与え、送り出しました。これはイエスが悪魔から鍵を取り返して、信者に与えた事です。
創造的に問題解決する事は信者の普通の事ですが、敵は邪魔するために焦り、恐れ、ねたみなどを持ってきて、信者が集中できない様、気力が奪われる様に仕組んできます。経済的に「足りない」と思い続ける事もそうです。詩篇67篇のように、神の祝福が、信者の上にあり、その祝福を周りの未信者、国々が見る事で、神の性質が見えるのです。私達の説教ではなく、私達の人生が周りの人が読む事のできる開かれた本なのです。それで、人々は天の父が愛のある、恵みあふれる神であると知る事ができます。
教育、音楽、政治、などの多くの分野で事に神のミステリーが解き明かされる事で、新しい方法、問題解決が来る事を信じます。

目的のある繁栄:創造する為に造られた Prosperity With a Purpose: Created to Create – Bill Johnson