マタイ28:18、20 使徒8:1〜8 
ベテル教会で、今年1年で1億円以上の献金が世界宣教の為に捧げられましたが、これは急激な成長、変化です。また、この教会に集う為に色々な場所から引っ越してきた方達がいますが、それは私達にとって感謝な事です。私達は家族であり、部族であり私達の頂いた好意は分与され、うつり、広がって行く物です。恵みで与えられた好意を用いて行きましょう。
使徒の働き1章では「地のはてまで私の証人となる」とありますが、8章で信者は迫害が起きるまではエルサレムに留まっていたのです。イスラエルの民が黄海の水の壁の間を歩くのには彼らの背後に迫っていたパロの軍隊が大きな動機となったでしょう。悪魔を恐れないで下さい、神は悪魔をご自身の計画の成就の為に使う事ができます。チェスの駒のようです。悪魔は神の敵ではなく、神の前に立ちはだかる事ができる「敵」は存在しません。神は人を悪魔のいる地上に置き、人によって悪魔を打ち負かそうとしました。人は失敗したけれど、イエスが悪魔に勝利し、その勝利の中から私達人が主の勝利をもって、地上を奪回する、治めるようにされました。
全ての人は「出て行く」「祈る」「捧げる」事が宣教の為に召されているのですが、全員が出て行ける訳で無い事も知っています。しかし、私の願いは皆さんが主に「私が自分の所有とするべきな国、地域は何ですか?」と祈り、受け取り、その為に祈り、捧げる事を実践してもらう事です。私は多くの経済を、収入が少なかった時にも、地方教会、宣教、貧しい人に与える事の為に必ず決めて捧げ、それを守り続けてきました。それらは全て永遠の為に使われていて、決して無駄になる事は無く、後にその結果を見る事ができるのです。場所や宣教師をそれぞれが「養子縁組み」する事をしたいのです。皆さんが偉大な経験をするためというより、皆さんの心の中に主とのパートナーシップをもつ道を造ってもらいたいのです。
ある方が言いました「一番遠くまで届いている光の一番明るい所は光のある所である」。時に人々は「まず、自分の家、地域に良く福音を伝えたら、世界に出て行こう」と言ってしまいますが、これは神の計画を自分たちの考え方にあわせて縮小させているものです。ダビデはバテシバの夫ウリヤを姦淫の罪の証拠隠滅の為に戦いの最前線に送り出して、他の軍隊を撤退させて殺しましたが、もし私達が宣教師を前線に送り出し、自分たちが撤退するならそれは同じ事ではないでしょうか。

目的のある繁栄:宣教 Prosperity With a Purpose: Mission – Bill Johnson