エゼキエル44:15、16。詩篇100篇、出エジプト20:19
私達ベテル教会は、礼拝者として預言的な事柄や癒し、神の御声を聞く事を学んできました。そして、礼拝は私達の教会の土台であり、そこからすべての事は流れてきます。
私の父が70年代始めに、「神に向かって歌う」事を礼拝の教えのなかで、語りました。それまでは「神の事を歌う」賛美であったので、大きな移行になりました。
父なる神は礼拝者を求めているのです、礼拝ではなく、礼拝者です。神は愛なる方で、その動機はすべて愛です。その方が礼拝者を求めていて、私達をそのためのデザインで作られたのです。それは、私達にとっても礼拝は「御子の姿に変えられる」事を起こすからです。
感謝、賛美、礼拝、これらは同じではなく、感謝を捧げる事は、神が私達にすでにしてくださった、出来事を思い出し、感謝を捧げる事です。感謝の心を持つだけでなく、感謝を捧げる事は、「口に出す」必要があります。賛美は「いけにえ」ですから、自分の感情や、都合によるものではなく、犠牲を払うものです。賛美は異言を通しても、捧げられますが、「思い」を尽くして、主を愛する事に召された私達は「思いめぐらせる」「脳を使う」事が必要です。礼拝は自分自身を主に捧げる事です。
イスラエルの民は「祭司」として主に仕える事を召されたにもかかわらず、それを否定しました。彼らは「すでに決められた制限、ルール」である律法を持つ事を選び、個人的な交わり、つながりを主と持つ事を拒みました。しかし、イエス様に感謝します。主にあって、私達は王である祭司とされたのです。

礼拝は崇高な召し Worship: The Supreme Call – Bill Johnson