使徒4:29、30。使徒19:23〜38、エペソ6:12 
使徒の働きの大きな流れを見る時に、あるパターンを見つけます。
聖霊が注がれ、人々が加えられ、反対と迫害が起こり、それに忍耐することに成功した時に増化するということです。ペテロが宗教リーダー達に捕らえられ、投獄され、解放された後、教会はこう祈りました。「もっと大胆さを与えてください」彼らは政治的に非難され無いように祈らず、ますます「大変なこと」が起こるような祈りをしたのです。キリストの為に立ち続けるなら、非難や迫害は避けられ無いのです。
神は「論じる為の声」を立てました、それはパウロでした。
彼の知性と訓練は非常に卓越していて、救いのすぐ後にも、人々と、信仰やその当時の社会状況を論じていました。そして、19:35では「町の書記」を立て、彼がたとえ異教徒であり、神を信じず、悔いあたらめなくても神は「論じる声」としてもちいて、パウロや信者の命を守りました。今この時に私達は「論じる為の声」が本当に必要です。優れた知性が聖書を土台として、真理から汲み出して、現在の状況を「論じる」事をする人が必要です。聖書箇所を引用し、説教する者の意味ではなく、異教の民の中において、実際的に優れた知性を持つ「声」が必要です。
数十年前に多くの宣教団体が集まり、10・40の窓という緯度、経度でできる主にイスラム圏の為に祈るフォーカスを決め、教会、とりなして達は祈ってきました。そして今、イランでも200万人の若者がイエスを信じています、多くの人の前に主が現れています。ですから、私達はそれを祈り続けるように、自分達の国の「鍵となる人々、リーダー達」に神ご自身の現れがある事を祈りましょう。

祈りの戦略 Prayer Strategies – Bill Johnson