ヘブル11:11,16; 13:14-16
「要塞」とはなんでしょうか?城壁のように町を守る物で、聖書の時代には町は城壁に囲まれ、城壁が高く厚い程安全でした。私達が「強い要塞」と言う言葉を霊的戦い的要素の言葉として使いますが、その言葉の意味を「人が神以上に信頼するもの」だと信じています。それによって「聖書の真理」がねじ曲げられ、間違った世界観、価値観などが育ってしまいます。箴言では「知恵のある人は悪人の町の城壁を測り、彼らの信頼する物を打ち壊す」とありますが、それが要塞です。それを知る知恵を求めましょう。
ある祈り会の時に神は私に預言的に語られました。「神は街全体が神に所属する町を探し求めている」をと言う事です。そのような町によって広域地域や国に影響を与える事ができます。使徒の働きの2章で、ペンテコステが起こり、聖霊に人々が満たされ、共同体ができて、その中には「足りない者はない」状況でした。聖霊の栄光の臨在で満たされた場所で、人々の傷、葛藤、衝突も癒されたのです。
ヘブル11章ではアブラハムを見ますが、彼は「堅い土台の上に建てられた都を待ち望んだ」とあります。信仰によって完全に安全で健康な町を見ていました。信仰は「見る」のです。その町で人々が成長し、癒され、繁栄する事ができるような町。
私達が地上で今、待っている物は「永遠」ではなく、今の物ですが、求めているのは「後に来る都」です。神が探している町、求めている「全てが神に属する町」を自分達の町にもたらす為には実際的に何をすれば良いのでしょうか。ヘブル13章14〜16節にある様に、賛美と善を行う事、分け与える事(人生を互いに与えて受けるような交わりを意味していますが)「いけにえ」のレベルになるまで行う事です。私達が犠牲を払う事です。全て、いけにえは犠牲を払う事が必要です。
町とは「共同体/コミュニティー」です。個人の家族、ビジネス、ミニストリーの繁栄も良いし、必要です。あなたは神に信頼する事が、実際的であって素晴らしい事であると実践して人々に見せる事ができるのです。しかし、町や市や国の事を考えて下さい。祈りの言葉としてあなた方の中に種としてこれを植えてください。神は「全てが神に所属する町」を通して大きなドミノだおしのような影響を国に与える事を願っています。

神を深く愛する町 Cities That Love God – Bill Johnson