ヘブル11:6、1サムエル17章、マタイ25章
神は「報い」を与える方ですが、「神は報いを与える」という話題はある人々から否定的な反応を引き出します。動機は何でしょうか? 私は与える事を楽しみます、でも何かを神様からもらうために与える事はしません。その人や、働きを敬い、神の国が建て上げられるためです。ギャンブルではなく自分の持っている資材を増加させるために主にささげるのではありません。
しかし、同時に神様は「報いを与える父」である事を無視する事はできないのです。ガラテア6章でいっているように、もし、あなたが種をまいても、刈り取る事がないと思うなら、それは神の約束、契約、ご人格を軽んじている事になるのです。
聖書の中で、報いを受ける事を歩んだ人は誰でしょう。ダビデです、1サムエル17でゴリアテを倒した者は「どうされるのですか」と3度聞きますが、その時に彼の中に信仰が立ち上がるのです。興味深い事はダビデの言葉を聞いた時の「兄」の言葉です。報いの事を聞くと「お前の高慢、自己中心はわかっている」と責めるのです。
神は良い父ですから、子である私達に「奉仕や責任」と「報い」を与え、賜物を管理する「管理人」として育って欲しいと願っているのです。マタイ25章でしもべにタラントを預けた主人の話がありますが、ここではないに等しい人から、一番持っている人に与える事が書かれています。多くの時私達は憐れみと思って、皆に同じ結果を与え、人々が成長し、最善の結果をもって主に仕える事を妨げてしまうのです。
報いを与える神、父は皆さんが繁栄するだけでなく、あなたの周りの人々、状況、国が影響を受けるためにそのようにしてくれます。神の好意は報いを与える事ができますそれは、人々がキリストに惹きつけられるためです。

神様はご自身を求める者に報いを与える God Rewards Those Who Seek Him – Bill Johnson