マタイ6章、マタイ11:12、9:19 マルコ9:28、29
私達は「答えられない祈り」を祈るために創造されたのではありません。それは、中身がないことです。しかし、自己中心と無知は祈りが答えられないことを容認してしまいます。
しかし、それは祈りの答えが遅れたりすることを非合法にするわけではないのです。私達皆が、まだ答えられていない祈り、打ち破りの必要な事柄があるでしょう、私もそうです。しかし、その中での大切なことは、その過程、プロセスを神様を責めない、そして自分にも自責の念や、恥をもたらす思いに同意しないことです。
マタイ6章の「弟子たちの祈り」があります、ここでの優先順位はなんでしょうか?天の父の御名があがめられ、天が地に来るようすることです。また、6:33では、「まず神の国とその義を第一に求めなさい、そうすれば、それに加えて、これらのものは全て与えられます」とあります。それは、神は日常の必要を満たすし、そのことを祈るのはよいけれども、まず、第一は神の国、それはキリストの統治ですが、あるように。そして、神の義とはキリストの御性質が私たちの人生を通して世に現れることです。しかし時に私達は、この優先順位を逆さまにして、最初の事柄を犠牲にして、その次の事柄を祈ってしまうのです。あなたが主の声を聞いていないと思ったら、これらの神が話そうと思っているトピックのことを話してみてください。
富を得る時には、良いリスクを取った投資をしますね、例えば50セントで株をかって、のちに100ドルの儲けをえる、でも、これらのことはリスクを分散することで良い結果をえるでしょう。
それと同じに私たちの祈りも、多くの人生の分野に分散されるべきです。何か一つの祈り、打ち破りにだけ集中して「これが聞かれたら私は神を信じる」ということは私は愚かだと思います。日々答えを受けることができるように祈り、私はそれらで「まだ打ち破りが来ていない事柄の祈り」に対しての励ましを受けることができます。
マルコ9:28、29では弟子達は悪霊を子供から追い出すことができなかった理由を弟子たちはイエスに聞き、イエスはそれに「祈りと断食」と言いました。打ち破りがない時に、自分たちは「これは神の時ではないからだ」という神学を作って、自分達を打ち破りがないこと、祈りが答えられなかった事の痛みや欲求不満から自分達を分離して守るべきではないのです。イエスはここ不信仰に対処していますが、信仰は「神の言葉を聞くことからきます」から祈りと断食によって自分の視野をもう一度定めるのです。

答えは大事 Answers Matter – Bill Johnson