ヤコブ1章13、14節 マルコ14章
「誘惑」というのは状況や私達の周りにある事柄が、私達の心の内側にある問題や葛藤よって「誘惑」になるのです。 ヤコブ1章13節で言っていますが「神は誰をも誘惑に導かない」と、しかし主の祈りをイエスが弟子たちに教えた時に「私達を誘惑にあわせず」といっています。神が私達を誘惑にあわせるのでしょう?違います。誘惑とは私達の心の中にある問題や葛藤が状況や事柄にどう反応するかであり、それに引き寄せられて罪を犯すのです。
同じ事柄がある人には誘惑になり、他の人には全くそうでない、そのような事です。
マルコ14章で、イエスはペテロに「あなたは私を裏切る」と事前に教え、「起きていて、祈りなさい」と教えました。それは私達の中に自分の気がついていない弱さ、欺きがあることを「知り」、祈り恵みでそれを予防して、そこで失敗せずに成功する為でしたが、ペテロや他の弟子もそれをミスしました。ペテロが自分の中に「自分に信頼する事/自分は大丈夫だと思っていた事」があった事を彼は知らなかったけれど、イエスは裁きや恥をもたらすので無く、恵みと憐れみでそれを教えてくれて私達が祈ることで主に信頼をおいて自分の「正しい事ができる」能力に信頼せず、主の恵みの中を歩く事を助ける、導く。
心を開いて「自分も失敗をする可能性がある事」や「弱さ」を認めるなら、助け、恵みを受ける為に「誘惑にあわせず」と祈ることができる。私達は「起きていて、見て、祈る」事をするのです。

誘惑についての初級のクラス Temptation 101 – Bill Johnson