メッセージ

「あなたは、神の栄光です!」

あなたは、神の栄光です。 人間はみんな、神の栄光の表れです。 栄光というのは、神様によって作られた目的の只中に生きる中に表されます。 鳥が飛ぶ時に、神に栄光を与える。 魚が泳ぐ時に、神に栄光を与える。 花が咲く時に、木が実を結ぶ時に、神に栄光を与える。 人間も、神様に与えられた目的を果たすこと、神様の子供として生きること、そして他の人との兄弟姉妹としての愛の絆を育んで、その中に成長すること、これこそ神の栄光です。...

続きを読む

「最後の改革~始まり~」の映画の紹介

Intro to The Last Reformation Movie 最近、多くのクリスチャンの映画が作られています。感動的な映画もあり、いまひとつの映画もあります。 今日は、「最後の改革~始まり~」というドキュメンタリー映画を紹介します。 無料で、日本語字幕付きで、見れます。ぜひ、見てください! 英語版(日本語字幕もあり): 日本語字幕(常に付いている): 素晴らしいドキュメンタリーの映画です。使徒の働き、そのままですね。...

続きを読む

「神様から離れていると感じますか?」

あなたは神様から離れていると感じますか? クリスチャンも含めて、多くの人が、自分は神様から遠いと感じてしまいます。 聖書の中では近い、遠いと言う描写がよく使われています。しかし、これは実際に神様から離れたと言う意味ではなく自分の感じ方、また思いの中の状況を表しています。 例えば: 「高ぶる者を遠くから見抜かれます。」詩編 138:6 「主は心の打ち砕かれた者の近くにおられる。」詩編 34:18...

続きを読む

「現実に逃避3:主を喜ぶことを習う」

この世の過ぎ去る、変わりゆく現実ではなく、永遠に続く、変わらない、栄光に輝く現実に目を留めないといけないのです。 そのために、まず、思い出しましょう! 私たちの永遠の目的:神の家族。 永遠に続くのは、二つだけです。十字架を見たら、覚えやすい。神様との関係、人との関係。 そして、キリストの十字架にあって、あなたの永遠の命が保証されています!安心してください。...

続きを読む

「現実に逃避2:永遠の目的を覚えること」

神様の素晴らしい現実に逃避して、主の安息に生きるためには、まず永遠の目的を覚えないといけないのです。 永遠の目的!? 難しそう。 多くの未信者でも、信者でも、人生の意味を思い煩っていますが、実は非常に簡単です。 神は言われた。 「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。」創世記 1:26 気付いてください: 神様は、ご自分のことを表すのに、複数の「我々」という言葉を使っています。そして、人の方も、原語では「人々」を表す複数で書いてあります。...

続きを読む

「現実に逃避1」

この世の中、人は、一所懸命現実から逃避しています: 美味しいものを食べ、お酒を飲んだり、 快楽に走る人、買い物をすることで、不満を解消しようとする人。 ゲームやインターネット、フェースブックに毎日、何時間も没頭する人もいます。 常に新しい話題の論争に走り、創造主の存在からも逃避しています。 しかし、我らは、神様の子供として、現実から逃避するのではなく、 神様の優れた天の御国の現実に逃避するべきです!...

続きを読む

「神様は、あなたのことをがっかりしていない!」

神様は、あなたの味方です。 生まれ前から、あなたの味方です。 あなたに敵対しているのではなく、あなたをいじめているわけではなく、あなたを助けています。 あなたを試すときもあります。しかし、それは、あなたが成功して、成長するように、しているのです。 神様はあなたの敵ではありません。 以前、神様に敵対していたかもしれない。自分の思い、行動、言葉の中で、自分が神様の敵として考えていたが、神様からは、一回もあなたを敵として考えたことはありません。...

続きを読む

「あなたは聖書崇拝者ですか?」

小さい時に学校に行き始めて、教科書をを先生からもらいました。 ご存知のように、この教科書は、学校と、先生と共に一年間の勉強を導く大事な本です。 どんな国でも、そうです。新しいこと、新しい勉強をする時に、こういうパターンが普通です。 学校、先生と教科書 だから、多くの人がイエス様を信じるときも、何気なく、教会が学校のようなもの、牧師が先生、そして聖書が教科書だと考えてしまいます。...

続きを読む

「主の臨在をもてなす目的」マーク・バンヤード

マーク・バンヤード 通訳:リンスコット綾 マークさんは、自分の経験と証しを通して、主の臨在をもてなす意味と目的を説明してくださいます。 ここ20年間の間、マーク・バンヤードは、多くの国々に出かけ、聖霊の力の奉仕をしてきました。 マークは、現在、妻のジェーンと東京在住です。3人の大人の子供がいます。 Why We Host the Presence of God – Mark Banyard Interpretation: Aya...

続きを読む