海外のポッドキャスト

内にいる敵 The Enemy Within – Bill Johnson

内にいる敵:詩篇95篇 「権利意識」の霊は、神からの恵みを「もらってあたりまえ」と思わせる。どんなに素晴らしい事を経験したり、奇跡やしるしを行う事があっても、それは神がご自身の言葉を実践している訳であって自分が「承認」されている事ではない。全て神の恵みである信者として最初の頃は悪魔、悪霊の働きが妨げとしてよく取り扱われるが、最近自分が思う事は、悪霊の仕業ではなく、「私」が何どの霊を持って歩くか。詩編95:8〜11 神の働きを見たが、道を知らなかった「奇跡は当たり前であったが、それを神を知る為の道として歩く事ができなかった。」 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む

神を現す Revealing God – Bill Johnson

詩篇67:1-2:コナストーン、礎石は建物を形作る土台、そして私達の神学、どのように神を知って行くかにも、その「礎石」がある、それは「神の良さ」である。日本の災害、クライストチャーチの地震など自然の災害をみて、それを「神の裁き」であるとするのではなく、「神の良さをみる事から離れられないもの」としてみるなら神の良さがその中にも見える。神の祝福を求めて受ける事により「主の道が地の上で知られ」「国々に間に救いがくる」のです。非常識なくらいな祝福、油注ぎを求めましょう。 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む

もっと大きな錨 Bigger Anchors – Bill Johnson

船には錨が必要です。船の大きさ、またどこでその船を使うのかによってその錨の大きさも変わりますね。大きな船には、大きな錨を必要としますが、私達の「昇進、働きの増加、好意の増加」それらを船と例えるならば、「神様との親密な繋がり、関係」が錨になります。 「不安感」のある人は「忙しさ」によってその人の内の「孤児の霊」の叫びを押さえようとする。私達は「キリストの内のアイデンティティー」に根を下ろすものであるが、この世は「行いによって得る達成感、容認」に根ざしている。 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む

心をつくして All Heart – Danny Silk

私達は心をつくして、神を愛する事を命じられていますが、それは心を開く事、知られる事、そして知る事。私達が「義」という事を考えた時に、「恥」を思うかもしれませんが、それは「教会文化」の一部かもしれませんね。でも、「義」は勇気、大胆さ、自由、必要が全て与えられているという事なのです。イエスを信じた時に与えられる「ルールブック」ではないのです。 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む

花嫁として生きる Being a Bride – Bill Johnson

創世記2章18節 ーふさわしい助け手ー 「助け手」という意味の英語はヘブル語で聖書に書いている言葉とはだいぶ違う意味を語ってしまっている。しかし、ヘブル語では「力、勢い、救い出す」ですから「ふさわしい助け手」は「顔と顔を合わせる事のできる、あなたと反対の性質の力、勢い、救い出す者」となる。また妻と夫の関係の誤解から教会の事も誤解して見ている。 私達教会はキリストの花嫁として「ふさわしく、合うように」「キリストを助ける」事のできるもの、パートナーとされている。動労者として、神とともに働くものである。 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む

リバイバルの管理人 Stewards of Revival – Bill Johnson

リバイバルを受け継ぎ、よい管理人となる 「過去」に起こった神のムーブメントであっても、それは持続するために「神」が始められた、しかし「人」によって終わっていった。素晴らしい神の人達の「失敗、できなかった事」をみるのではなく、「達成した事」や「神によって召された人」である事を祝い、喜び、誉れをはらうなら、私達もその方達のマント、油注ぎに触れる。 聖書にも多く神が記した人々:ダビデ、ソロモン素晴らしい事を達成し、大きな失敗もしたが、神はそれを隠さない。私達は彼らから学ぶ事ができる。また、自分の神学や、考えがどんなに違っていても、「キリストの体」であり「神によって選ばれた人」を祝い、喜ぶ事が私達の文化である。自分の考え、神学に固まって自分と合わないものを排除するのではない。 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む

種の力 Power of a Seed – Bill Johnson

ルカ19:11 たとえ話で主は弟子達に「神の国のあり方」を教えた。ずれている視野を修正する。神様の「突然、急に」が起こる為の準備がある。「種の中に大木」がはいっているように、可能性を見る事。イエスの神の国の視野からは子供のもっていた魚とパンは十分であった。感謝して、祝福する事。文化は温室のように、あなたのもっている種が芽を出す事ができるような適切な環境を作る。好意、問題をどのように取り扱う事ができるかは、御国を広げ、前進する事の鍵。 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む

約束のプロセス Process of Promises – Bill Johnson

約束、使命を神が私達に下さる時に、その「預言的な宣言」が成就されるには、プロセスがあり、インスタントにではない。旧約聖書のヨセフが兄弟に売られ、奴隷になり、監獄に入れられ、パロの宮殿に入ったように、このようなプロセス、過程を通して神は私達を整える。 創世記37章〜:頂点にあなたを導く為に神はあなたを底辺に導かれる。試みは人格の試しではなく、神への信仰が試される。

続きを読む

本当のイエス様 Real Jesus – Bill Johnson

イエスが奇跡、癒しを行った時、イエスは地上の人々の必要を見たあと、地上の豊かさを見て動いたのではなく、天にある豊かさを見て、動いた。イエスは「いつか、あとで、そのうち来る事」として神の満たしを信じたのではなく、「今、その時に」神の豊かさを見ていた。地上の必要が天のリソースを動かすのではなく、信仰が天のリソースを動かす。また、イエスが私達の神学の中心であるべきで、経験から神学を作るのではない。 Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Translated by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

続きを読む