同時通訳:相馬伸子

創世記1:27、ルカ12:7、エレミヤ1:5、エペソ2:10、 

今日は「ゲームのルール」の話をします。
スポーツをしたことがあれば判ると思いますが、それぞれの種目にそれぞれのルールがありますね。
ルールがある理由は何だと思いますか?混乱を避け、楽しく試合に参加するためです。

ルールがあることが目的ではなく、ルールはその下にある土台的な文化や価値観、目的を達成するためにある。まるで木から生える枝の様です。
例えばバスケットボールのルールに従って試合をして勝敗がきまる為に体育館の床には黒い直線、丸い縁、そしてリングがあります。またバスケットボールのファールは暴力的に相手にくれることや、スポーツマンシップに乗っ取らない行動をした時に「反則」となるように決まっています。
だれかが、このルールを決めたのです、誰かがルールを決めた事で試合は回っていきます。

ルールを知らないで試合をするのはほぼ不可能ですが、ボードゲームや、カードゲームならあります。
しかし、ルールを知らない時には、勝つことは殆ど不可能です、それはルールを知ることで作戦を練って良い試合をすることができるように、ゲームは造られているからです。

この話を今の私達に適応したいのですが、スポーツではなく「文化」が私達が戦っている「試合の種類」ということができるでしょう。
そしてこの文化のルールは「贖いがなく、和解も癒しもない」もので、ルールをつくったひとは「正常ではなく、機能不全」なのです。
そしてこの世の文化は「不正操作」されています。

メディアに例えるなら、多くの人々は誰かが「何か」をSNSに載せるまでは何も目的がなかったのに、誰かのポストによって急に目的を持ちますが、それは自分達に同意しないこと、考えを攻撃する、そして操ろうとするものです。

そのような「文化」に生きている信者である自分達はどうしますか?イエスは私達以上に酷い「宗教文化」のルールの時代を行きましたが、イエスはそのルールの下にならず違う王国の文化で生きていました。私達の人生は自分が中心ではなく、自分が何を達成するかではなく、神の王国が地上に来ることが最も重要なことすることが大事です。

同じ試合に参加していても、違うルールを持っていることはできることです。この世のルール(価値観や目的)に従うのではなく、旧約聖書のダニエルのようにひどく邪悪な社会の中でも神の国の価値観で、生きることができるように、自分達が準備されてきたことに確信があります。この世の価値観の人々から全く離れていくのではなく、神の恵みやアイデアをもらう時だと信じます。 

Our current culture is a game set up with no plan of redemption, restoration, or healing. Eric Johnson challenges us to engage with culture the way Jesus would. We need to be people that play by a different set of rules and bring Heaven to Earth.

English Audio – 英語音声:https://www.bethel.tv/en/podcasts/ser…

English Video – 英語動画:https://www.bethel.tv/watch/8603