Onfire Japan

「神にはライバルはいない」エリック・ジョンソン

God Has No Rival – Eric Johnson JAPANESE
同時通訳:相馬伸子

1列王記18章 

列王記や、歴代誌はイスラエルの国としての歴史を見ることができますが、王であるソロモンは、
イスラエルの黄金期を築いた王であり、最も繁栄し、平和をイスラエルの国が楽しんだ時でした。
しかし、彼の人生の終わりは、多くの異教徒の妻をめとったことで、彼も異教の神々を礼拝したので彼は分裂した人になりました。
箴言と伝道者の書は、ソロモンによってかかれましたが、箴言は神様の影響下にあり、正しい関係をソロモンが主と持って歩んだ時であり、
伝道者の書は、神と正しく歩まなかった時に書かれた本です。真逆とも言えるようなことを2つの本から見ることができます。

イスラエルの国もソロモンのように分断されました。イスラエルと、ユダ王国になりました。
ユダの国の王であったヨシャパテ王は、戦いに行く前に主をもとめ、賛美チームを軍隊の一番前に進ませました。ユダの意味は賛美ですが、彼らは「アイデンティティー」から
生きたので、自分たちの最もよくできることをしたのです。主がユダ王国のために勝利をもたらしました。

イスラエルの国のアハブ王とイザベルは非常に邪悪で、悪霊的、悪魔的な礼拝をイスラエルにもたらし、国全体が神に反することをしていました。
その中で、預言者エリヤが「対決、決闘」するのです。エリヤは、自分唯一の主の預言者として生き残ったと誤解はしていましたが、アハブ王に会い、
「コンテスト」を持ちかけます。

祭壇を二つ作り、バアルの預言者が祭壇に生贄を捧げ、そこに神の火が降れば、そちらが本当の神であるとすると言ったのです。
バアルの預言者たちが、いけにえを捧げ、血を流して礼拝している時に、「もし、何かが起こるかもしれない」ということはありえなくないことです。
モーセのいくつかの奇跡はエジプトの魔術師達も同じようなことをしてきました。
しかし、「自分だけ、たった一人」と信じていた預言者エリヤは信じられないような大胆さで挑戦をします。

そして、その後に民を壊れたイスラエルの祭壇に連れて行き、祭壇を回復して、〜とありますが、祭壇とは「礼拝」の場所であり、「聖別」する場所でもあります。
主の炎が降った時に民は「主こそ神です」と言いますが、民は間違った物を礼拝していたことがわかり、神が誰かを知りました。
私たちも、人生の危機や、チャレンジで間違ったことや、物を礼拝していないでしょうか? 

私達の世界観は「神の祭壇」から来たもので形造られる必要があります。神の臨在、影響によってです。
神の臨在、祭壇から来たものでない「意見や感情」を私達は解き放つべきではないのです。特にリーダー達は、そのチャレンジが大きいですが、
私の考えでなく、神の祭壇から見るしや、世界観を私達は語るのです。

日本語動画:https://youtu.be/-v8FJFaLg4k
英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/god-has-no-rival
英語動画:http://www.bethel.tv/watch/4421/god-has-no-rival-sunday-am/2016/12/18

全文を読む

「所属することの力」クリス・バロトン

Power of Belonging – Kris Vallotton JAPANESE
同時通訳:相馬伸子

1サムエル22:1〜2、2サムエル23:8〜23  イザヤ62、ヨハネ4 
「所属することの力」というテーマのメッセージですが、「自分を守らず、心を開くことの力」というブルネ ブラウンさんという 社会学の研究者の女性がTEDトークで話したことを引用したいと思います。 彼女は「聖書の原則」を「バビロンの言語」で話していると感じます。
彼女は「人類はコネクトするための創造されていることが、脳科学から立証されている」と言いました。コネクトするとは、「つながる」関わることですが、彼女はコネクトするために造られたと言ったのです。
地上に多くの人が、「自分の人生の目的は何?」と探していますが、それは進化論でアメーバーから何十億年あれば、人間になったと教えるように神様から切り離しては、「人間の目的」はありません。
私達は「つながる」為にできているのですが、それは「所属する」「一員となる」ということですが、現在の多くの国々では同棲している家族があり、結婚の契約を結びません。そのゆえに「名前がない、アイデンティティーに葛藤する」ことや、少年がギャングに加わったり、少女が性的な関係に入ってしまうことの原因になっています。

父なる神は聖霊様を先におくったのではなく「御子」イエスが送られて来ました、それは家族ということを私達が知るためにです 
所属する為に、家族の一員になるために造られた、私達なので、私達が所属していない時には「本来の姿ではない」のです。

人類の最大の恐れは「コネクト」するために差し出した手を拒否されることです。ですから、私達は拒絶を拒絶して「自分は誰の意見も気にしない」と言ってしまうのです。私達には「知ってほしい、認めてほしい」という願いと「周りにあっていたい、フィットした」という2つの願いがあります。それは、生ける石として神様が私達を見ているところであり、生けるレンガとは書かれていないところです。石は形や大きさが全て異なっています。そして、あなたという生ける石の入るべき場所は、「本当のあなた」の形にできていて、あなたが受け入れられるために、他のような人になっている時のあなたの形ではないのです。

ダビデ王の30人の勇士達がいますが、最初には「困窮したもの、負債のあるもの、不満のあるもの」達でしたが、のちには、「ダビデの勇士」と言われるようになりました、
それは、彼らが所属したからです。ダビデのグループの一員になったからです。

日本語動画:https://www.youtube.com/watch?v=udnHWNpqyBg
英語音声:https://www.acast.com/krisvallotton/the-power-of-belonging-part-1

全文を読む

「打ち破りの年」ビル・ジョンソン

Year of Breakthrough – Bill Johnson JAPANESE

同時通訳:相馬伸子

イザヤ54章 
私は昨年、病気をしました。
食事も出来なくなり、入院して、点滴で生きている状態でした。それは、電車のレールのように急に自分の人生のコントロールが自分の手からなくなってしまったようでした。私達は自分がコントロールしていることがあると、まだ思っているのです。
病院のベットで、何も出来ず、恐れが来るような状況にありましたが、主の普通でないレベルの臨在と、全てを超える平安がありました。賛美をすることは、「いけにえ」であり、捧げもの、「犠牲」ですからそのような、まるで神様をほめたたえることが、難しいと思える時にこそ、賛美することは、普通なことなのです。

その時に私のしたことは私の人生に語られた主のことば、約束を読むことでした。その中には、健康の状態に関係のないこともありましたが、時には「将来がある」事を知ることがとても助けになる時があるのです。神の言葉を得ることは、とても重要です、聖書に書かれていることは、全ての信者がアクセスを持っていますが、私は自分の必要に応じたみ言葉を自分のものとするだけではなくその言葉を主に持っていき、聖霊様の息吹を吹きかけてもらうのです。自分の欲しいもののためにみ言葉を宣言する、告白するのではなく、主を敬うためです。
約束のものを受け取るには、信仰と忍耐です。静かな信頼の上に、大胆な信仰は建てられます。

2017年の為の聖句を求めましたが、イザヤ54章が与えられました。これから来る、祈りの答えのために、先に感謝をする、賛美をすることです。不妊の女に、「喜びさけべ、あなたのこれから生まれる子ども達は、自然的にすでに子どもを生んでいる女性達の子供達より多いからだ」と言っています。不妊のような時に、「喜びの叫びをあげて、賛美をする」ことは、超自然に「増加」をもたらします。また、子どもが生まれていない時に、子ども部屋を準備するようです。

今年は、いまだかつてなかったように、打ち破りを体験する年になります。

日本語動画:https://youtu.be/QMJ9_eQPfo4
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4442/the-year-of-breakthrough-sunday-am/2017/01/01
英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/the-year-of-breakthrough

全文を読む

「清さと力」ビル・ジョンソン

Purity and Power – Bill Johnson JAPANESE

同時通訳:相馬伸子

1コリント5、6章 
私達の教会は「愛」によって、知られることを私は望んでいます。清められていない憐れみは 憐れみではありません。時に人は「清められていない憐れみ」を用いてしまいます。「恵み」は罪を犯し続ける為の許可ではありません。恵は罪から私達が自由になる為の力です。神様から賜物です。

私が長年にわたって牧会的な働きをしてきた中で「苦味や恨み」を持ち続ける事、「幻覚や中毒をもたらすような薬」を使用する事、「性的な罪を継続する事」が人生に悪魔の働きのアクセスを作ってしまう非常に悪い結果をもたらす罪だとわかりました。

信者がよく「私を裁かないでください」ということがありますが、もちろん人は「有罪判決」を下すように、「裁く」ことはできませんが、信者は「自分たちを裁くこと」。それは「見極め、判断し、境界線を引く」ことをせよと1コリント5章で教えられています。自分の体に癌ができたらそれを無視する人はいないでしょう、「見極め、判断して、取り去って」くれる医者を探し、自分の体に死をもたらすものを残さないでしょう、そのように、教会でも、「見極め、判断し、境界線を引く」事をする事は必要です。

イエスは「決して罪を犯さない」清さの中をあゆみました、そして「力」がありました。私達にも両方が必要であり、求めつ続けています。イエスは私達が驚くような罪人達から愛され、彼らと一緒にいるだけで変化をもたらしました。例えばザアカイのように説教などする事なしに「盗んだ物は全て返し、財産の半分を捧げます」と彼の心は変わったのです。

イエスが、神の言葉は私達のスタンダードで、私達の文化や、思いで神の言葉を解釈して、理解する事は間違いです。私達は皆、それぞれが神のことばというスタンダードによって自分達の考え、人生観を神の言葉に合わせることをしているのです。
また、6章では兄弟達が、未信者が裁判官として働くところで告訴することに対しても言及しています。私は実際に兄弟達が問題を解決するために教会の長老の所に来たという事を見たことがありません。これでは、イエスの光を、福音を聞かなければならない人、未信者に対して、信者が福音を恥と感じさせるような事を結果している事ではないでしょうか。

私達の教会は、家族です。尖っている石が、砂と一緒に乾燥機のようなところで「研磨される」事を思ってください。私達も互いによって、こすられ、角が取れ、磨かれるのです。

日本語動画:https://youtu.be/JC06Dijtpp4
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4346/purity-power-sunday-pm/2016/11/20

全文を読む

「預言的な家族達を耕していく事」クリス・バラトン

Cultivating Prophetic Families – Kris Vallotton JAPANESE

同時通訳:相馬伸子

マタイ18:10、創世記4:19、使徒の働き21、2コリント5:16

ヨセフ、ダニエル、は夢の解き明かしをする事で、王の宮殿に入り、そこで用いられますが、彼らは、どのようにして「解釈」の仕方を学んだのでしょうか?学校はありませんでした。ヨセフは、アブラハムのひ孫ですが、アブラハムは夢を見、神様と出会う体験をしていました。イサクも、天使と格闘しました。ヤコブも霊的な体験や、神と出会う事などをしていました。ですからヨセフは家族の中で訓練されたと思います。

信仰は、すべての霊的な事柄が流れる川、高速道路のようなものです。

子供達を預言的な家庭文化の中で育てるときに実際的にできる事があります。1子供が神様からの夢で語られるように、一緒に祈り、朝起きて、「夢を見た?」と聞く。2子供達に「イエス様だったらどういう風に話すと思う?」という事を聞いてみる。3子供達にも、家の中での祈りの時間・ミニストリーに参加してもらう「神様がこの人に何を語りたいか受け取りましたか?」と聞いて、小さな子供であっても、神様から聞いて、分かち合う事があると期待をさせる。子供サイズの聖霊様はないので、大人と同様な聖霊様が子供達に働く。4奇跡の証を聞かせたり、奇跡を体験できるようなところや人々につなげる。 5子供達の人生に神の使い、みつかいを招く事を祈りによって教える。マタイ18:10で、子供には天使が一緒にいると書かれています。自分もまだ天使を保っているといいと思いますけど。6子供達を葛藤から締め出して、守らない。

子供達を預言的な家族の中で育てることは、「人間的な基準」で子供達を見ないことです。御霊によって、見ないならば、預言者サムエルが少年ダビデに油注ぐとき、長男のエリアブを見て、外見で「この人こそ、王となるのにふさわしい」と思ったように、自分の肉で知っているように、取り扱ってしまいます。進言は「子供がその人の行く道のための訓練せよ」と言っており、それは「親の思いや、観察から」ではない霊的な神様の目で見ないとできません。
創世記の4章には、レメクの子達は「天幕に住み、家畜を育てる」人の先祖、「音楽家」の先祖、「鍛冶屋」の先祖となったとあります。そのように同じ家族でも同じ召でなくても良いのです、それは使徒の働きの21章にある、伝道者ピリポの娘達は予言者であったということです。

日本語動画:https://youtu.be/VBmhTtTQ6LE
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4355/cultivating-prophetic-families-sunday-am/2016/11/27
英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/cultivating-prophetic-families

全文を読む

「ドアであるイエスを通って入る」ドーナ・デシルバ

Stepping through the Door of Jesus – Dawna De Silva JAPANESE

同時通訳:相馬伸子

ヨハネ14:5〜11
私達には、父なる神がなぜ、必要なのでしょうか?それは私達は父によって「アイデンティティー」を受け取るからです。もちろん、神様は三位一体の神様であり、イエスに祈っている時に父も、聖霊も聞いている事をもちろん知っていますが、なぜ、私達には父なる神が必要なのでしょうか?
イエス様がパブテスマのヨハネによって、水の洗礼を受けましたが、その時には天が開け、鳩の形をして聖霊が下り、天からの聞こえる声で「これは、私の愛するこ。私はこれを喜ぶ」と言われました。イエス様がこれを聞くことが必要であったなら、どれだけ私達に父から自分達が誰なのかを聞くことが必要であるはずです。

私達は「孤児の霊」を対処しなければ、なりません。多くのクリスチャンがSozoのミニストリーの為に私達の所にきます。罪との葛藤や、痛みがありますが、根は「孤児の霊」です。「自分が守られていない、助けを受けられない」というのが、孤児の例の印ですが、弟子達からもそれを見ることができます。例えば誰が一番偉いかを討論したりしています。クリスチャンであっても、日々父なる神との関係を作ることがなければ、孤児の霊を持ったまま、解決しないクリスチャンであることが可能ですし、教会の中には多くの孤児の霊を持ったクリスチャンがいます。

天の父のところにイエスによって導かれるなら、父は私達にアイデンティティーを語り、必要を満たしてくれます。イエスは天の父を完全に現し、代表した人です。Sozoの働きは天の父の所にイエス様を通していくことです。ある人たちは、地上の父によっての恐れや、傷でイエス様のところで止まっているのです。または、自分達の生き方が、神の御心にそっていないことを知っているので、父なる神には近づけないと思っていますが、もちろん罪はやめるべきですが、私達が清くなったから父の元に行けるのではなく、父の元にイエス様によっていくことによって清められるのです。

天の父の所に行くなら、私達の人生の本当の必要を満たしてくれるので、それは罪から自由になる、中毒や非聖書的なライフスタイルから私達を解放することになるのです。私達が、天の父を世に紹介して、まだ清くない人でも、イエスを通して父の元に行けるなら、父なる神様は解決に必要なことを語り、人々は自由になるのです。

日本語動画:https://youtu.be/jUpBeCi1XtQ
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4437/stepping-through-the-door-of-jesus-friday-pm/2016/10/28

全文を読む

「奴隷としもべと友」エリック・ジョンソン

Slaves Servants or Friends – Eric Johnson JAPANESE

同時通訳:相馬伸子

ヨハネ15章、エペソ5:22〜33

今日は「奴隷としもべと友」というテーマです。
自分は、教会で子供の時から育ち、強い影響を受け、色々な体験をして、強く教会を愛しています。
教会は「最も困難に打つ勝ってきた」グループであることは、歴史が証明しますが、どのような運動が世界で教会を根絶するために起こっても教会は打ち勝ってきました。独特で、変わっていて、時に奇妙ですが、美しいものです。

教会はキリストの花嫁、そしてキリストが花婿と現される時に、特に男性が花嫁の意味にしっかりと繋がることができない事があります。「親密さ」とは「自分の最も隠されていない姿を誰かと分かち合う」事だとも言えますが、多くの時西洋文化の中では「性的な関係」という意味に通訳されてしまっています。自分の事を結婚するための交際を妻と始めた時から、全く異なる視野で見ることになりました、そして子供達が生まれると、さらに異なる「親密さ」自分の本当の姿が家族に知られることになるのです。自分が思っていたより、自己中心で、わがままであることが
わかり、分かられます。

奴隷とは、主人と何の関係もなく、住居も離れています。権利も意見もないのです。しもべは少し異なり、もしかしたら、少しの接点があるでしょう。主人の家のはじにしもべの家があるかもしれません。しかし、友は全く異なります。ヨハネの15章では英語では全く知ることができない、コミュニケーションの変化があるのです。イエスは「あなたを友と呼ぶ」と言われましたが、その時から、弟子たちに「たとえ話や、比喩を使う」話し方から、「シンプルに、はっきり分かるように語る」方に変わりました。

奴隷、しもべから友になるとは、どういう事でしょう。自分にいる「とも」とは、ある日急に「友達」になったのではなく、時間をかけ、自然になったのであり、話をするときもにどんどん会話が進むのです。自分の祈りは、ある時まで、自分の必要の事を話す事で、90%以上が成り立っていたので、それをしない事を導かれた時に、ほとんど神様と話すことがありませんでした。

今では「友情」が祈りの土台であると思います。

「真の友」であるなら、相手が危機にある時に、自分のやっている事を全て置いて、その友の必要を満たすために奴隷、しもべとなることができるでしょう。ですから、奴隷、しもべとなり、従順することを求めるのです。その道は近道はありません。神様が私たちをそのように すでに見ていてくれるのです。もし、あなたが自分は 今奴隷です、しもべですと感じても、それはその季節にいるということでしょう。でも、その季節がおわった時の事を考えてください。素晴らしいものです。

日本語動画:https://youtu.be/9CJRPBhNixs
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4294/slaves-servants-or-friends-sunday-pm/2016/10/16

全文を読む

「感情の繁栄」ジェイソン・バロトン

Emotional Prosperity – Jason Vallotton JAPANESE

2テサロニケ5:23、3ヨハネ2、2サムエル11:1

「豊かな人生のための土台」というシリーズを話していますが、そこで「感情の繁栄、健康であり、良い状態である」事を話す事を喜んでいます。

私達は「霊、魂、体」であり、それぞれにシンプルな必要があります。それらは切り離すことができず、霊の領域と自然の領域は繋がっています。例えば、「わたしの弟子だということで、水をいっぱいあげることは、わたしにすることです」という事からもわかります。そして、このベテル教会が、「奇跡、しるしや癒しで知られているように、霊たましい体が、健全である事で知られることにわたしは情熱があります。

神様の召しを行いながら歩むためには、霊たましい体が、健康であるために、それぞれに「必要があり、それを満たし、管理することは必須」であるのです。霊には「信仰、神との親密さ、冒険」が必要です、たましいは、「人との繋がり、楽しいこと、」が必要であり、体は「栄養、睡眠、水、運動」が必要です。

必要なことは、「自覚」することです。自分の内部を見て、内省的になる事ではなく、自分の霊、たましいや体に何が起こっているか、自分がどのような季節を体験しているかをわかる事です。ある人は「わからない」と言いますが、訓練することができます。価値を持つなら、練習するのです。

ダビデは勇士で王でしたが、ある時新年に戦いに行かないとき、バテシバを見て、姦淫の罪を犯し、その夫のウリヤを殺しました、彼は、勇士で王であるので、まず戦いに行かなかった時点で、彼には何かが起きていました、でも彼にはそれがわかっていなかったのです。そして、彼のコミュニティーは、彼のいるところにはありませんでした。

超霊的なキリスト教は12週間休みなく集会をして大丈夫と言わせますが、そうではありません。そのような所から、落ちて言った奉仕者達がいます。私達には、休みが必要です。楽しいことをすることで、エンドルフィンを脳から出す子ことで、リチャージされる事が必要です。

イエス様は、私達が地上で「シミも、シワもない花嫁」を現す事ができることを願っています。他人を愛して、他人にしたいように、自分を愛し、正しく自分の必要を満たす事ができ、それが教会の文化の中で非難されず、励まされるように、次の世代に渡さなければ、ならないのです。

日本語動画:https://youtu.be/yf2Tv1HgUfY
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4293/emotional-prosperity-sunday-am/2016/10/16
英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/emotional-prosperity

ベテル教会の英語のPODCASTの同時通訳:相馬伸子 © Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Interpretation by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

全文を読む

「聖霊様に従う事は冒険です」ジェン・ジョンソン

Adventure of Following the Holy Spirit – Jenn Johnson

同時通訳:相馬伸子

詩篇34:3、ルカ1:46 

今日のタイトルは、「聖霊様に従うことは冒険」です。最終的にこの話をしますけど、途中にいろんなところに
ドライブして到着する予定です。

「拡大」大きく見る、あがめる、事が最初です。何を私たちは「大きくみて、注目する」ことをしますか?「肯定的なこと、否定的なこと」両方ありますね。

日々の小さな出来事を、デビルは使って、私達の視野、視点、注目する場所を、神様の視野、天の心、神様のやっていることから、問題や、ネガティブなこと、自分たちのことにずらそうとします。でも、私達は既に運転している「神の道」から、一瞬、それらによって外れたとしても、「デビルお前に喜びは盗ませない、今日はお前の出番じゃない」と拒否する事ができます。

問題に注目しないで、その状態の中にいる「インマヌエル」である 共にいる神様を見ましょう。私達はそれで、天に上がり、天の視野、方法、天のお父さんが話しているように 話すことで、地上を変える事ができます。私たちは皆が、変化をもたらすために 召されているます。

マリヤは喜びから、主を「あがめ」ましたし、ダビデは悲しみから、苦しみから、「我が魂よ、主をほめよ」と言いました。

愛が中心でなければ、あなたが人を愛していなければ、口を開かずに、黙っていましょう。現代の情報時代、インターネット時代には、どんなこともでも情報があり、簡単に思ったことを書いたり、話していますが、それは神の王国の方法でしょうか?
聖霊に従っていくことは、「冒険」です。

私が、14歳の時に、聖霊様の声を聞く練習をしようとして「聖霊様、私に語ってください。なんでも言われたことをします」と言いました。結果は、礼拝中に私が教会のある夫婦にキッチンで水を振りかけている絵が見え、バカバカしいと思いながら、同時にそれが主であることをとても感じだので、結局その夫婦に「今、聖霊様の声を聞く練習をしているけど」と言って、キッチンに来てもらって、死ぬほど緊張したけど、水を振りかけた瞬間、「あなた方は、仕事が終わって帰宅するとイライラして、互いに戦っているが、それは「悪霊」がやっていることで、それは今日終わる」と主が言われます。と私の口から言葉が出て来て、驚きました。

聖霊様に従うことは、人生の全ての分野に渡ります。あなたの心が完全に主に委ねられているなら、考えるプロセスを通り越して、霊で歩むなら、主はあなたを通して素晴らしいことをします。そして、それは神に対しての従順であり、人の意見や、結果のためではないのです。あなたが、聖霊様に従順する時、力を尽くして主を礼拝する時に、おかしい人と思われるかもしれないです。が、報いは素晴らしいです。

日本語動画:https://youtu.be/X8RBmrVVPt4
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4287/the-adventure-of-following-the-holy-spirit-sunday-pm/2016/10/09

ベテル教会の英語のPODCASTの同時通訳:相馬伸子 © Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Interpretation by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

全文を読む

「神の家族」ビル・ジョンソン

Family of God – Bill Johnson JAPANESE INTERPRETATION
同時通訳:相馬伸子

詩篇68、エペソ3:14、15、詩篇23
神の御国、王国は、必ず「家族」というから出発する事が必要です。教会は、神の家族ですから、関係性です。関係によるものです。夫と妻それは、地上の事でもあるけれど、霊的な事柄、キリストと教会の関係を言っていると パウロは言いました。ここには秩序があります、その秩序は、命を最大限に解き放つための秩序です。秩序のための秩序ではないのです。それは、父の心です。

教会に関係性がない時に、それは組織や、学校になってしまうのです。リバイバルも、関係性があるなら、世代にわたって続く事ができます。関係性がない時に、それは集会や、メッセージにより頼んでしまうのです。

私は自分の家族の中で、成功する事なく、ミニストリーで成功することはしたくありませんでした。ですから、私が最も時間をとり、み言葉を学び、主の前で祈り、求めたことは、「父親」と「夫」として成功するためでした。まず、自分の家族で成功してから、それを外に運び、人々がそれをするようにしたかったのですし、私の性質はそういうものなのです。

詩篇の68から、分かることは、父の心は、孤児、やもめ、傷んだもの、弱いものに向けられ、それらの「弱さ」は神の憐れみが惹きつけられるところであり、家族の中、主の食卓にあっては、弱さも覆われるのです。

エペソ3:15節で見える事が出来るのは、「父性、家族」というものの 源は神であることです。

私は今年の始めに、自分の健康問題で、難しい時を体験しました。ベットに寝ている時、特に痛みがひどい時に、詩篇の約束、預言を読みました。その中で、詩篇23の中の「たとえ死の谷の影を歩く事があっても、私は災いを恐れません、あなたが私と共におられますから」を 体験しました。死の影の谷を歩かなくては、会う事がない主の臨在があることを体験しました。

私は若い時から、「妻と子どもは自分との繋がりのゆえに代価を支払うことになってしまうし、それを自分はコントロールできない」事を知っていました。でも、私がコントロールする事が出来るのは「報いを与える」事でした。天の父の心は「豊かに報いを与える」事ですから、それは、良い事です 

日本語動画:https://youtu.be/nGcIaJQ-QgU
英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4232/the-family-of-god-sunday-am/2016/09/18

ベテル教会の英語のPODCASTの同時通訳:相馬伸子 © Bethel Church, 933 College View Drive, CA 96003 Tel. 530-246-6000 Interpretation by Nobuko Soma http://www.onfire.jp

全文を読む