God of Transformation: Transformed Mind, Transformed Nation – Bill Johnson
同時通訳:相馬伸子

ローマ12;2、15:13 

リバイバルはベテル教会、私達が長らく語ってきたことですが、リバイバルというのは数週間から数年にわたる毎晩に集会のことでは決してありません。
リバイバルは国の変革をもたらすものですが、クリスチャンが増えても、教会が増えても国が変革されたないことはあります。
「エクレシア」というギリシャ語での教会の意味の強調をする教えとミニストリーがエド・シルボソ師を中にしてアメリカから全世界に広がっていますが、この働きをとおして聖書に書かれてる教会の現れが増えることを信じています。

エクレシアとは2人、3人が私の名によって集まるならわたしも共にいるというイエスの言葉が土台です。しかしカジュアルに「ただ集まる」のではなく契約的に献身をし、神によって召されて遣わされたことを信じ、主の臨在を常にもとめ、その中で祈り、自分たちに与えられた影響力を通して地域や国を弟子化することです。
聖書では信者を「地の塩「「世の光」と言っていますが、塩は食べ物の味をわかりやすくします。塩気をなくすなら捨てられてしますが、私たちは塩を一箇所に集めて塩気を強くしすぎてしまってきた過去があります。自分たちの内に与えられた神の義、その力を過小評価することでこの世に汚染させることを恐れ、一箇所に集まり、教会を作ってきました。しかし現在は地の塩として少しずつ、必要なところに提供されてきていることを感じます。 

私たちはキリストの思いが与えられています。キリストのように考えることができるのです。
そしてそのためには常に思いを新しくして、自分の考え方から主の視野、主の考え方にシフトする必要があります。

2匹の魚と5つのパンを増やした時は弟子達がしなければなりませんでした。
その前には主が増やしたのですが、この時主は「あなたがたが彼らに食べさせなさい」と人間では不可能なことに弟子達を召し出し、任命したことで必要をすでに彼らに与えていました。
それは弟子達が少年のランチ 2匹の魚と5つのパンを見つけ出し、人々を座らせ、カゴに分けて、配ることでした。主は一つづつ指令を与えましたが、奇跡は弟子達の手によって行われました。 

主は私たちを不可能を可能にするために送り出し、私たちが従うことでそれを起こされます。

This message is part 3 of the series, God of Transformation. Bill Johnson teaches about the renewed mind and its role in transformation. A transformed mind transforms a person and a transformed person transforms a city.

English Audio – 英語音声:https://www.bethel.tv/en/podcasts/ser…

English Video – 英語動画:https://www.youtube.com/watch?v=FBviP…