メッセージ

「罪人ではなく、目的人です。」

日本語の聖書の中に、罪という言葉をよく見ます。(新改訳聖書には、1000回以上) しかし、キリスト用語に慣れていない人には、本来の罪の意味が正しく伝わっていません。 また、クリスチャンの中にも、この罪というコンセプトを理解していない人達がいます。 日本語で罪と言えば、犯罪を思います。つまり、誤った行いです。 ですから、罪を犯さないように、努力することが強調されます。...

続きを読む

「どうして神様はあなたの礼拝を求めていないのか」Why God is Not Seeking Your Worship

今朝の日の出の時に、雲が重なって大阪の上空に十字架がはっきり見えました。 ちょうどこの言葉を祈っていた時でした: 「主は天から見おろされ、すべての人の子らを見、 そのおられる所から地に住むすべての人をながめられる。 主はすべて彼らの心を造り、そのすべてのわざに心をとめられる。」(詩篇 33:13-15) 新年の始まりに、愛溢れる天のお父さんが今年何を計画してくださっておられるか、期待感でいっぱいです。...

続きを読む

「礼拝:私たちの存在の核心」Worship: The Core of Our Existence

私たちはここ数年間毎月一回、「ハーベストセミナー」を開催してきました。素晴らしい賛美の時間の後、収穫の準備のために、弟子育成や御霊の賜物などに関連する分科会/ワークショップを行ってきました。しかし、今年4月に、突然預言の言葉を受け、「私の燭台をどこに置きましょうか?」と主に尋ねられました。私達はまだその意味と解釈を続けて祈っていますが、まずいただいた印象は、...

続きを読む

「リバイバルのために祈ってもいい?」

前回のメッセージの続きです。 前回、私たちの目の前には、宴会、溢れるばかりのぶどう酒、また、私たちの中に常に湧いている聖霊様の泉があると話しました。 私たちは、足りないところからではなく、満ち溢れる所から始まり、主の宴会と豊かさをもっともっと楽しむことができますし、もっともっとその祝福を人々に分けることができます。 「あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。」マタイ 10:8 「与えなさい。そうすれば、自分も与えられます…...

続きを読む

「『もっと、主よ!』と祈っても大丈夫?」

既にある、更にいただける、というテーマで続けて話をすすめたいと思います。 私たちクリスチャンは常にこの矛盾と言える現実に生きています。 つまり、既に全てをいただいていますが、同時に、更に神様にいただくこともできます。 不思議です。信仰生活の中で、この二つのポイントは矛盾してるように見えますが、実は矛盾していません。 全てが既に与えられているなら、「もっと、主よ!」と祈る時は、実際に何を祈っているでしょうか? 詩篇23篇を見てみましょう。...

続きを読む

「主の臨在をもてなすことは、愛、喜び、平安の元」

数年前に、今までで一番印象的な預言の言葉を友人からいただきました。 毎週の男性の集まりで、最後に祈り合った時、友人のマットさんが、突然「ジェフのために、6:03am という時間を時計が示している絵を見ました。何か意味ありますか?」と尋ねました。 「そうですね。僕は、毎朝ちょうど6:03am に起きます。」と返事しました。...

続きを読む

「勝利のために戦わないで!」

「イエスは勝利を既に取られた」という素晴らしい賛美歌があります。 これは真理です! 十字架の上で、イエス様が、詩篇22:31節を引用して、「完了した」と宣言されました。 「成し遂げられた」 「すべてが終った」 「救いの業は完了した」 「何もかもなしとげた」 という、様々な日本語の訳があります。 イエス様が引用した詩篇22:31を見ると、訳によって少し違いますが、同じように、 「成し遂げてくださった恵みの御業」 「主のなされた義」...

続きを読む

「既にあること、更にもらえること」

既にあること、更にもらえること、いただけることについて、しばらく考えていきたいと思います。 多くのクリスチャンは、キリストにあって既にあることを、いつも祈りや自分の努力によって、更に獲得しようとしています。 こういう場面を想像してみてください: 毎朝、奥さんが起きる時に、ご主人に尋ねます:「あなた、愛してくださいますか?一緒にいてくださいますか。確認したいだけです。あなたと今日も結婚していますよね。」...

続きを読む

「教会に集っていないクリスチャンへのメッセージ」

前回は、教会に行く義務について話しました。(「教会に行く義務は?」のメッセージをまだお聞きでない方は、先にお聞きください!) その中で、教会に行く義務はありませんが、エクレシア、生ける石として主の宮に建て上げられるためには、頭なるイエス様と繋がっているそれぞれの器官が集まり、励まし合う必要があるという話しをしました。 今日は、特別に教会に集っていない人を励ましたいと思います。 毎週、日本の教会の出席率は、人口の0.22%と言われています。※...

続きを読む