カテゴリー: ダニー・シルク

人生の歌

「人生の歌」ダニー・シルク Song of Life – Danny Silk ハバクク1:1〜4、2:1〜2、3:1、2 ハバクク書から「人生の歌」を見ていきましょう。 ハバククは「自分の周りにある不義、暴虐」を神様に訴えていますが、あなたはどうでしょうか? あなたのまわりの出来事は、あなたにとって「正しさの基準」を麻痺させるような働きになっていませんか?インターネットやメディアを使って、誰かが、私たちの「正しさ」の基準を麻痺させようとしているのです。世界中の恐ろしい出来事があなたの目の前にやってくる事もネットによって可能です。 何にたいして「心が動かされる」事かはひとそれぞれ違うのですが、あなたはあなたの心が動かされたを「重荷」として受け取ることでいいのです。ハバククはまず最初に「重荷」を「文句」として神にぶつけていますが、それは、祈りです。そしてハバクク3:19には「指揮者のために弦楽器に合わせて」とありますから、祈りに音楽がつけば、それは歌ですね。ですから、「人生の歌」と私は呼んでいます。 「神よ、なぜこんな事を」と「なぜ!!」と聞いている時には答えはきません。「なぜか」という事は質門ではなく「あなたの答えを却下する、もう一度他の答えをせよ」といっているのですからね。しかし、ハバククも、「なぜあなたは何もしないのですか?」という所から「私は何をしたらいいのですか」という場所に移されるのです。 そして「わたしは、なにをしたらいいのですか」ということは、ビジョンを得たことです。最初はビジョンがはっきりしなくても、書き出してください。書き出すなら、書き続けていくことで、そのビジョンはだんだんとはっきりしていきます。そして、そのビジョンによって、天からの「満たし」がやってきます。問題は、フラストレーション、重荷となり、ビジョンとなり、天がそのビジョンから地に解き放たれることになるのです。 ビジョンは天にあって、あなたに見つけられ、歌われることを待っている歌の歌詞のようです。書き出すことによって、チャンス、機会が、あなたの人生の上にある好意と共に働くことでき、チャンスや好意はあなたの所にやってきます。天が地で解き放たれる、立てあげられるためです。 そして、3章でハバククは 主よ、わたしはあなたが過去にやったみわざを聞きました。どうぞそれをまた、行ってくださいと言っていますが、これは証しのことです。ベテル教会のリーダーの会議は、かならず「神様がしてくれた良い働きの証しをしましょう」といって、視野を正しくしてから、問題に対処します。 最初に 神を高くすることで、問題は小さくなってくるのです。 そして、最後、いつも主にあって喜んでください。ハバククのように「しかし、わたしは主にあって喜び勇み、わたしの救いの神にあって喜ぼう」と「私の主、神は私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる」といいましょう。 https://youtu.be/Msz–NwA-Ok

続きを読む

「へりくだって神と共に歩む 」ダニー・シルク

「へりくだって神と共に歩む 」ダニー・シルク

ミカ書6:8、1ペテロ5:6、7、8  ある結婚式の動画を見ましょう。新婦の父が新郎に話す言葉なのですが、「私が人生を注いだ、自分が人にあげることのできる最善のものを(娘)をあなたに渡します」。 この愛と権威のある父は、謙遜に神様と歩いているのです。ミカ書6:8節はとてもシンプルですが、私は自分の人生を永遠を使ってこの事を歩んでいくのだと信じています。へりくだって神と歩む事は、私達が長らく一生懸命教えようとしている事です。へりくだるとは「人の事に関心を持ち、自分より他人を大切に考える、自分中心に考えない」事です。1ペテロ5章では「謙遜を身につけなさい」とあります。これは、謙遜さを洋服を着ているように、人が自分を見たときに真っ先に見るものとする事です。ジョンとベニジョンソンは私にとってこの事の素晴らしい模範です。彼らがどのように状況、問題、好意や祝福やチャンスを取り扱うかは、この「へりくだって」いる事がいつもありました。 へりくだるものに「恵みをあたえる」ともあります。コンクリートは乾燥し、硬くなると泡の残っていた所が乾燥してに穴として残ります。それによって古くなると劣化してしまいます。しかし、ある物質は、湿気を与え、穴に入り、劣化したコンクリートを硬める事ができます。それは、恵みのようです。私の人生の中の沢山ある「穴」は神様の恵みを引き寄るようです。そのままでは壊れてしまう状況に恵みが注がれて、すでにある「私の人生」という形が保たれ、そこから命が流れるのです。 イエス様の山上の説教でも「へりくだった」人は「幸い」と言っていますね。へりくだっている事は、あなたのアイデンティティーになり、あなたの「一時的な態度」ではなく、いつもあなたは「謙遜な人」として 存在します。あなたがへりくだっているならば、神の御国はあなたのものです。 へりくだって歩むことは、あなたの人格、人生がが現れる方法を変えます。私たちがよく話す「神の良さ、喜び、神の臨在、豊かに与えること、」それらは謙遜さの中にあります。 私達は「豊かに与える」ものですが、謙遜さは、「受けること」によって上位のものが下位になることをします。シバの女王がソロモン王に贈り物をもって、来た時に、全てを溢れるほどに所有しているので自分たちは受け取る必要がないとしてしまったら、女王は辱められ、関係は壊れていたでしょう。しかし、ソロモンは謙遜になり、受け取り関係を保ちました。 上位のものが謙遜であり下位のものが祝福することは、私達が神を礼拝賛美する時にも同じです。全宇宙の王を私達が「祝福」するのですか?謙遜な神でなければあり得ないことです。 へりくだることは助けが必要であることを見せることです。神に信頼しているのかという事です。神様への私の祈りのアプローチは「見せてください」「教えて下さい」「あなたが何をしているのかを聞かせてください」です。 へりくだる事は、自分の「今」だけでなく、長期にわたる神様の計画を見る事が出来る視野を持つ事です。

続きを読む

「天国の本質は前進すること」ダニー・シルク

出エジプト 23:28 〜30  1歴代誌 4:10 士師記13:18  今日皆さんに話したいことは「ヤベツの祈り」のところで要約できるようなことです。ビルジョンソンはこう言います「自分が祝福され、繁栄することを求めないことは自己中心である。なぜならあなたの繁栄や祝福はあなたの周りの人々や状況に対して影響を与えるものだからです」 。出エジプト23章では神は民に「あなたの前に熊蜂(超自然な力)を送り、あなたの前から敵を追い出そう。しかし一歩一歩であり、一度に全ての敵を追い出してもあなたにはまだ、私があなたに与えている相続地すべてを所有し、満たすことができないからだ。」と語っています。私達の宣言は神様が作ってくれた、実をならせ、所有できる場所に対して前進すること、一歩進むこと、反対勢力があるところでも諦めず、夢をみて、戦うのです。そして、私達が前進することを選ぶなら、葛藤し、成長することが要求されます。でも、神様はその一歩を進める場所を下さるのです。 私が若い時には、自分がその時に所有できる境界線を越えて高級車を買って、6ヶ月しか所有できず、しかも12年でローン返済しなくてはならなかったのです。痛いレッスンでしたが、神様がその時にくれていた、所有できる境界線を越えて、一歩ずつ前進する事ができなかった愚かさの故でした。神様は偉大な方です、非常に大きなものを私達一人一人に与えているのです、あなたの最も大胆だと思える夢ですら、神様の前には小さいものです。 神様を人は制限し、箱に詰めてしまう傾向がありますが、イスラエルや、マノアは主の使いに「あなたの名前はなんですか」と聞きますが、主は「不思議である」と答え、その「名前」の意味は「制限、境界線」というヘブル語の意味もあります、私たちは名前をつけることにより、大きさを変え、境界線を引き、制限をするのですが、神様はの統治は止まることがない、不可能な事は何もないお方なのです。

続きを読む

「私達の父からの祝福」ダニー・シルク

「私達の父からの祝福」ダニー・シルク

神はビル&ベニジョンソン夫妻を私の霊的な父母として選んで与えられました。 私達は父親はいるけど、父親はいないという事に立ち向かわなければならないのです。どういう意味でしょうか? 関係が育ってなかったり、完全な父はいないという事です。 天のお父さんの心、使徒的な流れはあなたに流れて、あなたを通して流れていきます。天のお父さんが探しているのは、天をじっと見つめ続け、父を優先順位にする事ができる人達です なぜならば、神はこのような人々をリーダーをして成させ、リーダーシップホジションにつける事を願っているのです。 私の人生でも、肉の父は私と一緒にいる事ができなかったし、完全ではありませんでした。神はビル&ベニジョンソン夫妻を私の霊的な父母として選んで与えられました。 霊的な父母とは、彼ら自身の人生を上手に育て管理し、それを霊的な子供に与え る事ができる。霊的な子供の人生をも、彼ら自身の所有しているもののように育てる心や投資することができます 霊的な両親を持つことが、その人の家に招待されて、食事をすることや、一体一で話をすることではないのです。その場所で、かれらの使徒的な流れを受けて、父母から影響を受けることを願い、許可することです。 私は信者として「新しいことを学ぶ為に、古いことを忘れる」ことはほとんどしなくてよかったのです。何もしりませんでしたから。 使徒的な父母達は、娘息子達を育て「父母から受けて育つことだけしか、知らない」。「それが普通であって、それ以外の事はどうするのかどうぞうもできない」人たちをそだてるのです。

続きを読む

「約束の人々」ダニー・シルク

「約束の人々」ダニー・シルク

ヤコブ1:2〜6、出エジプト23:28〜30  神はアブラハムに「空の星の数以上、海の砂の数以上の子孫をあなたはもつ」と約束しました。しかし、それはまだ一人も跡継ぎのいない男性には非常に大きい話しだったでしょう。数千年前に出来事、約束ですが、今現在もこの約束は成就し続けていますね。私達もキリストにあって、アブラハムの子孫であり、またアブラハムは私達にとって信仰の父です。 天の父は良い父であり、私達といつも共にいて、導き、助け、訓練してくれますが父のご人格を誤解していると人生の試練はまるで罰の様に見えるかもしれません。試練の中でもイエスは私達と共に立たれています。良い方です。試練をどのように取り扱うかで、成熟できるのです。全ての人は年を取りますが、全ての人が成熟できるとは限りません。主は私達に約束を与えてくれています。 イスラエルの民が約束の土地を見た時に、そこには人々が住んでいました。しかし神はクマバチを送り、少しづつ敵をご自身が追い払われたのです。それはまるで訓練、準備の様で一年では起こらなかったのです。私達の願いとそれを行う能力が一致するには訓練や成長が必要です。 神の約束(結婚、繁栄、健康)などに戦いが挑まれています。間違った統計や、情報をとうして敵は攻撃して、希望を奪い、信仰をなくさせようとします。しかし 私達はその戦い勝利者イエスが共に人生を歩んでくれる事を覚えながら歩くのです。

続きを読む
ロード中